カテゴリ:母のこと( 1 )

駅伝の応援

母が孫の駅伝の応援に行きたいと言うので連れて行きました。
毎年行われていますが萩から下関までの朝日駅伝です。母の孫・・・つまり私の甥ですが毎年出場しています。走る区間もだいたい同じで上り坂の多い場所です。
c0066414_23134163.jpg

c0066414_23142441.jpg

下関のゼッケンをつけているのが甥です。山口県の市町村の対抗のようです。甥は4番でたすきをもらいました。この坂はきつい坂で、前の岩国市を抜こうとしていますが、なかなか抜くことができないようです。母は気が気ではありません。私は運転がたいへんです。
まず、たすきをもらったのを見届けると、車で追いかけます。そばを通るとき、がんばれ~!と車の中から激をとばします。そしてず~と先の広い場所に車を止めて、走ってくるのを待ちます。きたことろで、また がんばれ~!。また車に乗って中から がんばれ~です。もう一度広いところに止めて がんばれ~! もう1回車の中から がんばれ~。やっと次のランナーにたすきを渡します。母は「やれやれ ふぅ~」です。
何年か前のことです。同じ場所での応援に父も一緒に行ったときのことでした。ちょうど坂道を登っていましたら車の中から「○○ ゆうに、せぇ、ゆうにせぇ」(ゆっくり走れ、ゆっくり走れの意味です)と叫んでいるのです。私が「応援にきて、そんなこと言うて・・・」といいましたら「あんな坂道をえらいじゃないか(きついじゃないか)、かわいそうじゃ」と言いました。あとで甥に訊いたら
「じいちゃん、あんなこと言うて・・・」と笑っていました。やっぱり孫ってかわいいんだなあと、つくづく思いました。甥は昨年につづいて東京国際マラソンにも行ってきたそうです。とにかく走るのが好きで会社から自宅まで約20キロを週2回は走って帰るのだそうです。
母は、この孫の影響でTVのマラソンを楽しみに見ています。
[PR]
by jyo-yama | 2006-02-20 23:54 | 母のこと